住宅型有料老人ホームを利用するにあたって知っておくべき事

男性と女性

優先するポイントを知る

パソコンを操作する人

介護保険請求を簡単にする

介護保険請求業務を行う際、その作業を効率化するために便利なのが、介護保険ソフトです。介護保険ソフトを使用するメリットは、いちいち人の手で処理しなくて済むため、時間と手間が大幅に削減できる点です。さらに、誰にでも簡単に扱えるようになっているため、人材教育が不要で、なおかつ人為的ミスも減らせます。そして、その介護保険ソフトには、「パッケージ型」と「ASP型」の2種類があります。その最大の違いは、インターネット環境の要不要です。まず、パッケージ型は、パソコンにソフトをインストールすれば、そのパソコンのみで作業が可能で、インターネットへの接続が不要なのが特徴です。そのため、請求業務は別に行う必要がありますが、情報漏洩の危険性が低いのがメリットです。それに対し、ASP型は、いわゆるクラウド型の介護保険ソフトです。インターネット環境が必須ですが、アップデートや情報のバックアップを全てソフト会社側でしてくれるため、利用者側の手間がほとんどありません。また、万が一のパソコンの故障の際にもデータ消失がないのが特長です。どちらのタイプも複数のソフトがありますから、業務形態や必要な機能で自由に選ぶことが可能です。ですから、介護保険ソフトを導入する前に、まずは自分たちで扱いやすい機能か、そしてサポート体制がしっかりしているかを確認しておきましょう。コストに関してはその次に考えた方が、将来的に見て本当に必要なソフトを選べます。